single-recipe

コラボレシピ

2015.04.01

所要時間
30分

ボンカレーでつくるアジア風米粉パン粥

ボンカレーでつくるアジア風米粉パン粥

2015年4月19日(日)に大阪で行われたチャリティーイベント
「OSAKAID立ちあカ〜レ〜FINAL 2015」
にボンカレーが初出展。「ビストロ ボンカレー」として、神戸の人気ベーカリー サ・マーシュ×フレンチデリ デリカテッセン ベルターブル×Theボンカレーのコラボレーションで生まれたオリジナルメニューを提供しました。

ベルターブルの中谷シェフが教えてくれた、特別にご自宅でも再現できるレシピを公開!
こちらは、米粉パンで作ったおかゆに『Theボンカレー』を合わせ、ごま油やパクチーなどを合わせてアジア風にアレンジした意外性あるメニュー。イベント時にご提供したパンのおかゆは、サ・マーシュの西川シェフこだわりの米粉パンを使用してご提供しましたが、簡単に手に入る食パンでも再現可能です。

ベーコンのだしがきいたふわふわのパン粥と、Theボンカレーが新鮮な組み合わせ。パン粥に入っているごま油がふわっと香って、カレーなのに一気に中華気分になれます。
スクランブルエッグがトッピングされているのでボリュームがあり、ザーサイの食感とパクチーの香りが食欲をあげてくれますよ。

コラボレーションしたのは、神戸で人気のベーカリー「サ・マーシュ(Ca Marche)」の西川シェフや素材にこだわるフレンチデリ「デリカテッセン ベルターブル(Belle Table)」の中谷シェフです。

材料(1人分)

Theボンカレー 1パック
食パン 30g程
ベーコン スライス 2枚
ゴマ油   ティースプーン1杯
2ヶ(スクランブルエッグにする)
ザーサイ 適宜
パクチー 適宜

作り方

  1. 1食パンは小さく切って、細かく切ったスライスベーコンと水を合わせたもの、もしくは薄めのチキンブイヨンに一晩浸しておく。
  2. 21の食パンをつけこんでおいた水と一緒に鍋で炊いていく。(この時に鍋の中でつぶしながら炊く) お塩、胡椒で味を整える。ゴマ油を加えて香りを出す。
  3. 3器に、レンジで温めたTheボンカレーをうつす。上から(2)のパン粥をかける。
  4. 4上からお好みでパクチーやザーサイ、スクランブルエッグをトッピングして出来上がり。※よくかき混ぜてお召し上がり下さい。

西川功晃シェフ

洋菓子作りを志しながら広島「アンデルセン」で4年間、パン職人として修業。その後、東京の洋菓子店に入るが、パンの魅力を捨てられず東京と芦屋の「ビゴの店」で再びパンの道に戻る。この頃、神戸でフレンチを軸に新しい料理展開をする「コム・シノワ」のオーナー荘司索シェフと出会い、料理、パン、菓子など食のすべてをトータルで提供する夢を共有する。その後「ブランジェリーコム・シノワ」を、続いて「ブランジェリーコム・シノワアンドオネストカフェ」「サ・マーシュ」をオープン。次々と斬新なパンを発表して注目されている。

サ・マーシュ(Ca Marche)
神戸市中央区山本通3-1-3
Tel 078-763-1111
営業時間 8:00~19:00 / 定休日 火曜・水曜日

中谷和史 シェフ


中谷和史 シェフ
北野の人気フレンチ「レストラン・マツシマ」やホテルなどで修業した中谷和史シェフが2010年に「デリカテッセン ベルターブル(Belle Table)」をオープン。野菜は有機野菜を農家から直接仕入れ、オリジナリティのある料理を季節に合わせてお届けしています。


デリカテッセン ベルターブル(Belle Table)
神戸市中央区三宮町1丁目5-11
Tel 078-331-5550
営業時間 11:00〜20:00 / 定休日 水曜日

カテゴリー

ページトップへ戻る