体ぽかぽか。やさしい味わい もち麦入り豆乳クリームスープ

2018.01.24

水溶性食物繊維と不溶性食物繊維が豊富なもち麦。ここ数年、美容に敏感な女性たちの間でも話題の食材です。

とはいえ「ごはんと一緒に炊いて食べるくらいしか食べる方法が思いつかない!」という声をよく聞きます。私もそうでした。でもこれ、ゆでておくとサラダに入れたり、スープに入れたりと便利な“トッピング”になるんです。
せっかく体にいい食材なので、「ボンカレー」を豆乳で溶いてやさしい口あたりのスープにして、そこにトッピングしちゃいましょうか!
寒い日は、家で余っているカレー粉やクミンなどの調味料を適当に入れて、あたため効果をアップさせています!
体も温まるし、かなり腹持ちのいいスープなのでお弁当や夜食にもどうぞ♪

<ぼんごはんポイント>
*「ボンカレー」は油で固まったりしないので、豆乳と混ぜるときもらくちん!すぐになじみます。
*レシピどおりだとマイルドな味なので、パンチがほしいときは塩、こしょう、カレー粉やクミンを足してアレンジ。

<ぼんごはんアレンジ>
*もち麦をゆでるのは面倒と思うかもしれませんが、大さじで計量できる分量であれば、大鍋を用意せずとも、片手鍋でゆでられます。
材料(2~3人分)
  • ボンカレー(中辛) … 1袋
  • 豆乳 … 200ml
  • もち麦 … 大さじ2

-PRODUCT- このアレンジレシピに使われているボンカレー

ボンカレーゴールド(中辛)

作り方
1

鍋に湯を沸かし、もち麦を入れる。15~20分ゆでる。

2

鍋にボンカレーと豆乳を入れ、火にかける。沸騰直前で火を止める。(豆乳は吹き出すので注意!)

3

器に1を入れ、2を注ぐ。

PROFILE

中田ぷう

編集・ライター

大学卒業後、大手出版社に勤務。2004年に独立。モデルの中林美和さん、AYUMIさん、前田ゆかさん、食空間プロデューサー山本侑貴子氏、スタイリスト福田栄華氏の著書をはじめ、多くの料理本や暮らしの本の企画発案・編集・ライティングを手がける。著書に子どものごはん作りの闘いを描いた「闘う!母ごはん」(光文社)がある。インスタグラムでは日々の食事とおいしいものをアップしている。
インスタグラムアカウント
@pu_nakata

おすすめの記事

【母の日レシピ】ボンカレーグラタンパイ

超ヘルシー!超ローカロリー! 巣ごもりカ...

白菜が無限に食べれちゃう鍋ならこれ! 無...

カレー巾着のオーブン焼き