おもちがとろ~り♪ 白菜のミルフィーユカレーグラタン

2018.01.24

数年前から流行って、もはや今では寒い季節の定番と化した“白菜のミルフィーユ鍋”。主婦にとって、冬は白菜の消費メニューってありがたいんですよね!

こちらはその白菜ミルフィーユのグラタンバージョン。器に白菜とボンカレー×ホワイトソースを混ぜただけで完成の“簡単グラタンソース”を重ねていくだけ。
このときちょっと注意したいのが、白菜の切り方。白菜全体に火が通って、しんなりさせたいので、鍋のように“極太切り”ではなく、“粗いせん切り”に。こうすることでカレーグラタンソースとのなじみもよくなるし、火の通りも早くなります。
出来上がりはとろりクリーミーな食べ心地とやさしい味わい。
冬ならではのおいしさです。

<ぼんごはんポイント>
*マイルドな「ボンカレー」だからこそ、ホワイトソースともなじみがよく、やさしいまろやかなカレー風味のグラタンソースが簡単にできる。
*もちは入れても入れなくてもOK!入れると腹持ちのいいメニューになるのと、口あたりのまろやかさがアップ。
材料(4人分)
  • ボンカレーゴールド(中辛) … 2袋
  • ホワイトソース … 1/2缶(約150g)
  • 牛乳 … 大さじ1
  • 白菜 … 1/6個
  • しゃぶしゃぶ用のもち … 6枚
  • ピザ用チーズ ※写真は直径22cmの器で作っています。 … 適量

-PRODUCT- このアレンジレシピに使われているボンカレー

ボンカレーゴールド(中辛)

作り方
1

白菜は粗めのせん切りにする。

2

ボウルにボンカレー、ホワイトソース、牛乳を入れ、よく混ぜ合わせる。

3

耐熱皿に白菜→2→しゃぶしゃぶ用のもち→ピザ用チーズ→白菜→2→ピザ用チーズの順に重ねる。

4

200℃に温めたオーブンで約20分、中のもちが柔らかくなるまで焼く。

PROFILE

中田ぷう

編集・ライター

大学卒業後、大手出版社に勤務。2004年に独立。モデルの中林美和さん、AYUMIさん、前田ゆかさん、食空間プロデューサー山本侑貴子氏、スタイリスト福田栄華氏の著書をはじめ、多くの料理本や暮らしの本の企画発案・編集・ライティングを手がける。著書に子どものごはん作りの闘いを描いた「闘う!母ごはん」(光文社)がある。インスタグラムでは日々の食事とおいしいものをアップしている。
インスタグラムアカウント
@pu_nakata

おすすめの記事

クリスマスには華やかな驚きを ディナーに...

頑張るわが子に! インディアンスパゲッテ...

旬の野菜をいっぱい食べよう! カレーホッ...