single-recipe

ものぐさ母さん 中田ぷうの今日のぼんごはん

2017.07.05

夏にぴったり! なすとピーマンの焼肉のたれソテー添え

夏にぴったり! なすとピーマンの焼肉のたれソテー添え

蒸し暑くなってくると、自然とおなかがスパイシーなカレーを求めます! 夏バテ気味の体を回復させたいから、味の濃~いものをガツンと合わせて食べたくなるんです。

ということで、今回は焼肉のたれで炒めたなすとピーマンを「ボンカレー」に合わせてみました。

先日、料理の撮影中にスタッフと「焼肉のたれってうまいよね~!」「万能だよね~!」と話していて、ふと、鉄板炒め物「なす×ピーマン」をこれで炒めてカレーにのっけたらうまいだろうなぁ~♪と思いをはせていました。で、実際やってみたら、「うん、うまい!」ま、間違いのない組み合わせですよね。

私はヒーヒー汗だくで食べたかったので大辛にしましたが、辛いのが苦手な方やお子さんは、甘口や中辛でも合いますよ。

ちなみにスパイシーなカレーだから、清涼感のある「ジャワティーホワイト」とめっちゃ合います!

<ぼんごはんポイント>
*ダイナミックなおいしさにしたいので、なすとピーマンはなるべく大きく切ると食感が残っておいしい。
*サフランライスは材料が高いけれど、ターメリックライスならお安く、しかも簡単にできちゃう。ふわりとスパイス香るライスは、「ボンカレー」によく合います。

<ぼんごはんアレンジ>
そもそもカレーと、濃ゆ~い味の炒めものってよく合います。どんな辛さのものでも合いますが、パンチの効いた個性的な大辛とこの炒め物は、大人にイチオシ。

材料(1人分)

ボンカレーゴールド(辛口、または大辛) 1袋
なす 1本
ピーマン  1個
焼肉のたれ 大さじ1~2
オリーブオイル 適量
ゆで卵 1個
プチトマト 3個※お好みで

作り方

  1. 1フライパンにオリーブオイルを熱し、ひと口大に切ったなすとピーマンを炒める。
  2. 2なすに軽く焦げ目がついたら、焼肉のたれを加え、全体になじませる。
  3. 3器にごはんをよそい、2とボンカレー、あればゆで卵やトマトをのせる。
  4. 4※ターメリックごはんの作り方 米1合に対し、ターメリック小さじ1を加えて炊く

中田ぷう編集・ライター

大学卒業後、大手出版社に勤務。2004年に独立。モデルの中林美和さん、AYUMIさん、前田ゆかさん、食空間プロデューサー山本侑貴子氏、スタイリスト福田栄華氏の著書をはじめ、多くの料理本や暮らしの本の企画発案・編集・ライティングを手がける。著書に子どものごはん作りの闘いを描いた「闘う!母ごはん」(光文社)がある。インスタグラムでは日々の食事とおいしいものをアップしている。
インスタグラムアカウント
@pu_nakata

カテゴリー

ページトップへ戻る