ボンカレー炊き込みごはんのひつまぶし

所要時間
10分

ボンカレー炊き込みごはんのひつまぶし

土用の丑の日。年々高価になっているうなぎを、少量でも家族で満足感いっぱいに食べられるレシピをご紹介します。

口にいれるとふんわり山椒の香りがするカレー風味の炊き込みご飯には、仕上げにふんわり蒸し焼きにした蒲焼きをのせてひつまぶしにしましょう。

この万能炊き込みご飯レシピがあれば、缶詰のさんまやいわしの蒲焼きだってひつまぶし風においしく早変わり。粉山椒とタレをかけてどうぞ!

材料(4人分)

2合
ボンカレーゴールド(辛口) 1袋
うなぎ蒲焼き 1尾
大さじ2
蒲焼きのタレ 適量
三つ葉(あれば) 適量
[A]
蒲焼きのタレ 大さじ2
粉山椒 少々
だし汁 430ml
サラダ油 小さじ1

作り方

  1. 1米はといでザルにあげ、炊飯釜に移し混ぜ合わせた[A]を加え30分程度浸水する。ボンカレーをのせ、炊飯器でふつうに炊く。
  2. 2うなぎの蒲焼きは一口大に切り、少量の油を熱したフライパンに皮を下に並べ置き、皮に焦げ目がついたら酒をふりいれ蓋をし、1~2分蒸し焼きにする。
  3. 31が炊きあがったらかるく混ぜ合わせ、器に盛り、2を乗せ、蒲焼きのタレ適量をかけ、あれば三つ葉等を添える。

木内由紀フードクリエイター

東京農大短期栄養科卒業後、社会人を経て結婚。2児の母。美味しさは80%が視覚から!をモットーに見た目でもたっぷり美味しいを感じられ、栄養面・作りやすさを考慮した新感覚レシピの提案が得意。アメリカ、ワシントンDC近郊在住を経て2014年1月に帰国。資格:栄養士,製パン講師。
レシピ一覧へ戻る
Page Top