オイスターバターソースで濃厚! ボンカレー、男前ステーキのっけ

2017.06.09

「父の日、何にもしなくていいからね」と言いながら、内心ものすごく期待をしているのがバレバレの夫。だからこの日は、ごはんもちょっと豪華にするとうれしそう。
で、男子と言ったら、やはり肉でしょう!?

塩、こしょうだけで焼いてももちろんおいしいですが、ここはオイスターバターソースでこってり濃厚にして、食べ応えを出します。

もう、肉がのっているだけで、パパにこにこ。胃袋をおさえるって、大事です!

<ぼんごはんポイント>
オイスターバターソースが甘じょっぱいので、あえての大辛に合わせて。
フライパンに残ったソースも最後にかけることで、カレーにコクがプラスされ、より一層おいしくなりますよ。

<ぼんごはんアレンジ>
*ミックススパイスとは、岩塩ベースにスパイスやハーブがブレンドされた調味料のこと。これを使うことで、材料を減らします。ミックススパイスがない場合は、塩・こしょうに乾燥パセリをまぜてお使いください。

*肉を30分ビールに漬け込むことで、たとえ安い肉でもやわらかく、おいしくします。

材料(1人分)
  • ボンカレーゴールド(大辛) … 1袋
  • ステーキ肉  … 1枚
  • ビール  … お肉が浸る量
  • バター … 1~2片
  • ミックススパイス、ガーリック(粉末)、オリーブオイル  … 各適量
  • A
  • オイスターソース … 大さじ1
  • 赤ワイン … 大さじ1
  • しょうゆ … 大さじ1

-PRODUCT- このアレンジレシピに使われているボンカレー

ボンカレーゴールド(大辛)

作り方
1

<下準備> 肉は焼く30分前にビールにつけておく。

2

肉の水気をペーパータオルなどでふき取り、ミックススパイスとガーリックを両面にまぶす。

3

フライパンにバターとオリーブオイルを入れて熱し、両面、肉を焼く。よく混ぜ合わせたAを入れ、軽く煮込む。

4

器にごはんとカレーを盛り付け、2をのせる。あればトマトとクレソンを添える。

PROFILE

中田ぷう

編集者・ライター

大学卒業後、大手出版社に勤務。2004年に独立。モデルの中林美和さん、AYUMIさん、前田ゆかさん、食空間プロデューサー山本侑貴子氏、スタイリスト福田栄華氏の著書をはじめ、多くの料理本や暮らしの本の企画発案・編集・ライティングを手がける。著書に子どものごはん作りの闘いを描いた「闘う!母ごはん」(光文社)がある。インスタグラムでは日々の食事とおいしいものをアップしている。
インスタグラムアカウント
@pu_nakata

おすすめの記事

マリネしたきのこの酸味とカレーが相性抜群...

おもちがとろ~り♪ 白菜のミルフィーユカ...

【ハロウィンレシピ】簡単デコカレー