お弁当にぴったり!アスパラの豆乳カレーキッシュ

2016.04.21

心躍る春がやってきました!テーブルをかわいく、そして豪華に飾る、カレーキッシュをご紹介します。

アスパラガス、新玉ねぎと、フレッシュな春野菜を詰め込み、豆乳とカレーがまろやかな味わいでおいしいキッシュですが、作り方はとっても簡単。大変なタルト生地を省略しちゃいました。
小さくカットしてお弁当にもどうぞ!
材料(7cmのココット4個分)
    [a]アパレイユ(生地部分)
  • ボンカレーゴールド(辛口使用) … 1袋
  • 卵 … 2個
  • 豆乳 … 大さじ3
  • 顆粒コンソメ … 小さじ1/2
  • [b]フィリング(具材部分)
  • バター … 10g
  • アスパラ … 3本(細めのもの)
  • 新玉ねぎ … 中1/4個
  • ベーコンブロック … 40g
  • 顆粒コンソメ … ひとつまみ
  • 粗塩 … 少々

-PRODUCT- このアレンジレシピに使われているボンカレー

ボンカレーゴールド(辛口)

作り方
1

材料[a]の卵はよく溶きほぐし、その他も全て入れ混ぜ合わせる(アパレイユ)。

2

アスパラは根元の固い部分を落とし、はかまをとり、4㎝に切る(根元が太ければさらに縦半分に切る)。新玉ねぎは1㎝のくし形切りにし、さらに横半分に、ベーコンは1㎝角に切る。

3

フライパンを熱しバターを入れ、新玉ねぎとベーコンを炒める。玉ねぎがしんなりしたら、アスパラの根元→穂先と順に加え、手早く炒め、コンソメと粗塩で味をととのえる(フィリング)。

4

ココットの内側に薄くバターまたは油(分量外)を塗るかクッキングシートを敷き、4等分にしたフィリングを入れ、アパレイユを8分目まで流し込む。 (クッキングシートを敷いた場合はココット5個分できるので、アパレイユ、フィリングとも5等分にする。)

5

200℃のオーブンに入れ、表面にコンガリ焼き色がつき、串をさして何もついてこない状態になるまで20~25分焼く。

PROFILE

木内由紀

フードクリエイター

東京農大短期栄養科卒業後、社会人を経て結婚。2児の母。美味しさは80%が視覚から!をモットーに見た目でもたっぷり美味しいを感じられ、栄養面・作りやすさを考慮した新感覚レシピの提案が得意。アメリカ、ワシントンDC近郊在住を経て2014年1月に帰国。資格:栄養士,製パン講師。

おすすめの記事

ボンカレーで秒速おつまみ♪ チーズカレー...

お花見やBBQにぴったりのエンタメレシピ...

アウトドアにも!スキレットでパエリア