アウトドアにも!スキレットでパエリア

2015.07.23

見た目がかわいく仕上がり、そのまま食卓にも出せる!と近ごろ人気の、小さな鋳鉄のフライパン、「スキレット」。アウトドアでも役立つので、この夏は大活躍しそうですね!

今回は、魚介と肉を両方使った豪快なパエリアを作ってみました。魚介のうまみとボンカレーが合わさって、とても深い味わいになります。具材は豚肉を使用してもおいしいですし、冷蔵庫に残っている食材で気軽に作ってくださいね。

アウトドアでの調理で火力が弱い時は、蓋をして蒸し上げるように炊くと上手く作れますよ。
材料(2~3人分)
  • 米 … 150g
  • ボンカレー   … 1袋(中辛使用)
  • 鶏手羽  … 3本
  • えび … 3尾
  • あさり … 50g
  • たまねぎ … 1/2個
  • パプリカ(赤・黄) … 各45g
  • オリーブオイル   … 大さじ2
  • 水 … 200ml
  • レモン(好みで) … 適量
  • パセリのみじん切り(好みで) … 適量
  • 塩・こしょう … 各少々

-PRODUCT- このアレンジレシピに使われているボンカレー

ボンカレーゴールド(中辛)

作り方
1

たまねぎは1㎝角に切り、赤・黄パプリカは小さ目の乱切りにする。えびは殻つきのまま背から包丁で開き、背ワタを取る。あさりは砂抜きをする。

2

スキレットを熱してオリーブオイルを入れ、鶏手羽元を強火で炒め、焼き色をつける。たまねぎ、パプリカを加えて炒め、塩・こしょうで調味する。

3

えび、あさりを加えて炒める。水を注いでひと煮立ちさせ、ボンカレーを加える。

4

一旦、えびとあさりを取り出し、米を洗わずに加え、煮立ったら弱火にし、底から混ぜて平らにし、水分が少ないようであれば、水をひたひたになるまで足す。10分ほどそのまま炊き、えび、あさりを戻し、汁気がなくなるまでさらに10分炊く。好みでレモンとパセリを添える。

PROFILE

木内由紀

フードクリエイター

東京農大短期栄養科卒業後、社会人を経て結婚。2児の母。美味しさは80%が視覚から!をモットーに見た目でもたっぷり美味しいを感じられ、栄養面・作りやすさを考慮した新感覚レシピの提案が得意。アメリカ、ワシントンDC近郊在住を経て2014年1月に帰国。資格:栄養士,製パン講師。

おすすめの記事

すし酢で作るから計量の手間なし! にんじ...

【母の日レシピ】ダブルボンカレーハンバー...

夏はやっぱりスパイシー 野菜を食べるカレ...