ボンカレーでぎゅうぎゅう焼き

2016.02.17

インスタグラムでじわじわと話題になっているぎゅうぎゅう焼き。ごろごろ切ったお野菜やかたまり肉が鉄板に敷き詰められて、カラフルな見た目がなんともおいしそうです。

オリーブオイルを回しかけ、低温でじっくり焼くのがポイント。火の通りにくい食材も柔らかくなりますよ。仕上げにボンカレーをかけていただきましょう!

お野菜もお肉もたくさん食べられ、見た目もばっちりなレシピなので、パーティーやおもてなし料理に活躍しそうですね。
材料(4~6人分)
  • ボンカレー … 2袋
  • 鶏手羽元肉 … 4本
  • 豚肩ロース肉 … 1枚
  • じゃがいも … 2個
  • 紫玉ねぎ … 1個
  • パプリカ … 1個
  • れんこん … 5㎝
  • エリンギ … 1パック
  • スナップエンドウ  … 8個
  • 茎ブロッコリー … 4~5本
  • にんにく … 4~5個
  • ローズマリー … 1~2本
  • オリーブオイル … 大さじ3
  • 塩 … 適量

-PRODUCT- このアレンジレシピに使われているボンカレー

ボンカレーゴールド(中辛)

作り方
1

鶏手羽元は骨のまわりに数か所切れ込みを入れる。豚肩ロースは適当な大きさに切る。じゃがいもは皮をむいてひと口大に切り、下ゆでする。

2

紫玉ねぎはくし切りに、パプリカは大きめに切る。れんこんは1㎝厚さの輪切りに、エリンギは半分に切る。スナップエンドウは筋を取り、茎ブロッコリーは半分の長さに切る。にんにくは皮をむく。

3

天板にオーブンペーパーを敷き、1と2の具材を敷き詰める。オリーブオイルを全体に回しかけ、塩を振り、ローズマリーをのせる。

4

150℃のオーブンで約30分焼き、温めたボンカレーを全体にかけ、さらに180℃のオーブンで10分焼き、余熱で5分おく。

PROFILE

ともながあきよ

フードスタイリスト&フードコーディネーター

雑貨店やインテリアショップにて、店舗ディスプレイやイベント企画&運営の経験を経て料理の道へ。現在Webや書籍・カタログなどのスタイリングやレシピ開発、カフェなどのメニュープランニング等幅広く活躍中。大阪にて、おかずとお菓子の教室を主宰。

おすすめの記事

【クリスマスレシピ】食べちゃうのがもった...

【年末年始レシピ】いつもの雑煮に飽きたら...

【ハロウィンデコカレー】おばけのハロウィ...