子供たちの食いつきが違う!? フレンチフライチーズカレー

2017.04.12

カレーに揚げ物って、禁断の組み合わせだと思います……。でも、むちゃくちゃおいしい! で、思いついちゃったんです私……カレー×フレンチフライ。しかもこのフレンチフライ、やわらかい新じゃがで作るホームメイド! さらにそこへチーズをトッピングしてパセリをぱらり……めっちゃジャンク!えぇ、子どもたちの食いつきが違いました。ガツガツ食べる!魔の野菜・パセリを混ぜ込んでもこの3大トリックに負けてうちの「好き嫌い大魔王」が食べていました(大笑)。やはりボンカレーの甘口、おちび(5歳)にとってすごく食べやすいようです。

<ぼんごはんポイント>
*ちょっと多めの油で揚げ焼きすれば、面倒な油の処理もなし!
*新じゃがの味をジャマしない甘口がベストです!

<ぼんごはんアレンジ>
*塩味がほしい人は軽く塩味で味付けしたり、クミンやドライバジル or ドライパセリをまぶしたりしてもおいしいですよ。
材料(1人分)
  • ボンカレー(甘口) … 1袋
  • ごはん … 1膳分
  • 新じゃが(小) … 2個
  • パセリ … 1本
  • ピザ用チーズ … 2つかみ
  • オリーブオイル … 大さじ2

-PRODUCT- このアレンジレシピに使われているボンカレー

ボンカレーゴールド(甘口)

作り方
1

新じゃがはスティック状に切る。パセリは荒みじん切りにする。

2

フライパンにオリーブオイルを熱し、1の新じゃがを揚げ焼きする。

3

皿にごはん、カレー、2を盛り付け、チーズをのせる。

4

電子レンジに1分ほどかけ、チーズを溶かす。パセリを散らす。

PROFILE

中田ぷう

編集者・ライター

大学卒業後、大手出版社に勤務。2004年に独立。モデルの中林美和さん、AYUMIさん、前田ゆかさん、食空間プロデューサー山本侑貴子氏、スタイリスト福田栄華氏の著書をはじめ、多くの料理本や暮らしの本の企画発案・編集・ライティングを手がける。著書に子どものごはん作りの闘いを描いた「闘う!母ごはん」(光文社)がある。インスタグラムでは日々の食事とおいしいものをアップしている。
インスタグラムアカウント
@pu_nakata

おすすめの記事

【母の日レシピ】ダブルボンカレーハンバー...

【さつまいもの日】さつまいもスティックと...

【ボンカレー世界を旅する】南アフリカ編 ...

余ったごはんを簡単リメイク チーズカレー...