ものぐさ母さん 中田ぷうの今日のぼんごはん

2018.10.03

もやしがあればあっという間に作れちゃう 秒速アレンジカレー焼きそば

もやしがあればあっという間に作れちゃう 秒速アレンジカレー焼きそば

今回はまな板を用意する必要なしの簡単アレンジカレー焼きそばをご紹介。材料は、「ボンカレー」「焼きそば麺」「もやし」だけ。

「ボンカレー」は、具材に国産のじゃがいも・たまねぎ・にんじんを使っているから、もやしだけ入れれば、ボリューム感たっぷりの焼きそばになります。物足りない人は、お肉を入れるのもおすすめです。

疲れた時にも、ささっと作れるのでママの一人ごはんにも、子どもの塾ごはんにも使えるレシピ。ぜひお試しください。


<ぼんごはんポイント>
*焼きそばは最初“ちょい蒸し”にすることで、食感ふんわり&おいしさアップ!
*「ボンカレー」は常温のままではなく、電子レンジで温めてから焼きそばに混ぜた方がとろみがつき、絡みが良くなります。
*最後、もやしからかなりの水分が出てくるので、強火にして水分を飛ばすように炒めてください。

<ぼんごはんアレンジ>
*キャベツや旬のきのこで作っても。

材料(1人分)

ボンカレーゴールド(お好みの辛さ) 1袋
焼きそば麺 1人前
もやし 1袋
サラダ油 大さじ1
大さじ1
塩、黒こしょう 適量

作り方

  1. 1フライパンにもやしをひき、焼きそば麺をのせ、サラダ油、水をかけ、ふたをし、約3分蒸す。
  2. 2「ボンカレー」を箱ごと電子レンジでチンする。
  3. 31の麺をほぐし、2を入れ、カレーが麺に絡むように炒める。塩、黒こしょうで調味する。
  4. 4器に3を盛る。

中田ぷう編集・ライター

中田ぷう編集・ライター
大学卒業後、大手出版社に勤務。2004年に独立。モデルの中林美和さん、AYUMIさん、前田ゆかさん、食空間プロデューサー山本侑貴子氏、スタイリスト福田栄華氏の著書をはじめ、多くの料理本や暮らしの本の企画発案・編集・ライティングを手がける。著書に子どものごはん作りの闘いを描いた「闘う!母ごはん」(光文社)がある。インスタグラムでは日々の食事とおいしいものをアップしている。
インスタグラムアカウント
@pu_nakata

カテゴリー

ページトップへ戻る