ものぐさ母さん 中田ぷうの今日のぼんごはん

2018.11.07

【ボンカレー世界を旅する】南アフリカ編 パーティーにもぴったり! ボンカレー・ボボティ

【ボンカレー世界を旅する】南アフリカ編 パーティーにもぴったり! ボンカレー・ボボティ

ミートローフが原型と言われている、南アフリカ共和国の国民食「ボボティ」。ハンバーグのように成形する手間もなく、耐熱容器に具材を入れて、オーブンで焼くだけという手間がかからないところもうれしいところ。大容量作れて、見た目も豪華なので、パーティーレシピとしても覚えておいて損はない一品です。

「ボンカレー」で作るボボティは、余計なスパイスいらず。きちんとスパイスを使って作られている「ボンカレー」を使うので、あとは味に深みとコクを足すため、ウスターソースを加えるだけ。また、本来ボボティにはドライフルーツを入れますが、食べやすいようにジャムで代用しました。

翌朝、パンに挟んでボボティサンドにするのもおすすめです。

材料(4人分)

ボンカレーゴールド(中辛) 1袋
牛豚合いびき肉 500g
玉ねぎのみじん切り 1個分
食パン 1枚
牛乳 50cc
杏ジャム 大さじ1
こしょう、ウスターソース 各少々
サラダ油 適量
<A>
溶き卵 2個分
塩、こしょう 各少々

作り方

  1. 1食パンは細かくちぎり、牛乳にひたしておく。
  2. 2「ボンカレー」を箱ごと電子レンジで温める。
  3. 3フライパンに油を熱し、みじん切りした玉ねぎを透明になるまで炒め、粗熱を取る。
  4. 4ボウルにひき肉、1、2、3と杏ジャムを入れ、こしょう、ウスターソースをかけ、粘り気が出るまでよく混ぜ合わせる。
  5. 5耐熱皿に4を敷き詰め、Aをよく混ぜ合わせたものをかける。
  6. 6180度に熱したオーブンで約45分焼く。

中田ぷう編集・ライター

中田ぷう編集・ライター
大学卒業後、大手出版社に勤務。2004年に独立。モデルの中林美和さん、AYUMIさん、前田ゆかさん、食空間プロデューサー山本侑貴子氏、スタイリスト福田栄華氏の著書をはじめ、多くの料理本や暮らしの本の企画発案・編集・ライティングを手がける。著書に子どものごはん作りの闘いを描いた「闘う!母ごはん」(光文社)がある。インスタグラムでは日々の食事とおいしいものをアップしている。
インスタグラムアカウント
@pu_nakata

カテゴリー

ページトップへ戻る