キヌアのボンカレージャーサラダ

所要時間
15分

キヌアのボンカレージャーサラダ

スーパーフードとして話題のキヌアは、アメリカではポピュラーな食材で、サラダバーでは定番のひとつです。良質のたんぱく質を豊富に含み、その含有量は雑穀の中ではトップクラス。また、私達が毎日を元気に過ごす上で必要不可欠な必須アミノ酸がバランスよく含まれています。

そんなキヌアがたっぷり詰まったこのサラダ。とろ~りおいしいボンカレードレッシングとカレーとの相性バツグンなドライフルーツやナッツを加え、人気のジャーに詰め込みました。


低カロリーで栄養バランスもよく、穀物まで摂れてしまう、このジャーサラダ。
夕食のテーブルにはもちろん、持ち寄りパーティーや、忙しい日の1人ランチにも最適です。
作り置きも可能なので、数本ストックしておけば、忙しい日のご飯にも重宝しますよ。

※キヌアはサラダのほか、ご飯と一緒に炊いたり、産地アンデス地方ではスープに入れて食べたりすることが多いです。白のほか、黒や茶色のキヌアもあります。

※ドレッシングはジャーサラダ4食(ジャー4本)分の分量です。

材料(480mlジャー1本分)

ミックスビーンズ 50g
アボガド(1cm角) 1/2個分
ハム(1cm角) 40g
キヌア(乾燥) 50g
かぼちゃ(1cm角) 40g
スナップえんどう(1/2に切る) 4本程度
ベビーリーフ又はレタス 適量
ラディッシュ(好みの大きさに切る) 1~2個
ドライクランベリー又はレーズン等 適量
スライスアーモンド 適量
[a]ボンカレードレッシング(作りやすい分量)
ボンカレーゴールド<中辛> 1袋
サラダオイル 大さじ3
大さじ2
砂糖 小さじ1
顆粒コンソメ 小さじ1/3

作り方

  1. 1ボンカレーは袋の上から大きめの具を指で軽く潰し、ドレッシングの材料[a]は全てボールに入れ、泡だて器でよく混ぜ合わせておく。
  2. 2鍋にたっぷりのお湯を沸かし、塩(1ℓに塩小さじ1/2程度)を入れ、キヌアを加えてふたをして12分茹でる。ざるにあけ、水気をしっかり切り、サラダ油小さじ1(分量外)と合わせ冷ます。
  3. 3かぼちゃはラップにふんわり包み、電子レンジ(600w)で2分加熱する。スナップえんどうは塩ゆでしてざるにあける。
  4. 4ジャーに[a]大さじ3を入れ、しっかり冷ました具材を材料表の上から順に入れる。

木内由紀フードクリエイター

東京農大短期栄養科卒業後、社会人を経て結婚。2児の母。美味しさは80%が視覚から!をモットーに見た目でもたっぷり美味しいを感じられ、栄養面・作りやすさを考慮した新感覚レシピの提案が得意。アメリカ、ワシントンDC近郊在住を経て2014年1月に帰国。資格:栄養士,製パン講師。
レシピ一覧へ戻る
Page Top