single-recipe

ものぐさ母さん 中田ぷうの今日のぼんごはん

2017.06.21

夏はやっぱりスパイシー 野菜を食べるカレーつけ麺

夏はやっぱりスパイシー 野菜を食べるカレーつけ麺

さぁ、そうめんの季節がやってきました!夏休みの鉄板食材でもありますが、ヘタすると子どもたちの「またそうめん~?」という抗議の声を聞くハメに……。

そこで、めんつゆをチェンジ。「ボンカレー」にめんつゆとトマトジュースを加えて、甘みと酸味がプラスされたおいしいつけだれに変身させました。夏野菜がおいしい時期なので、トマトやなす、ピーマンなんかをダイナミックに切って(おくらに至ってはもはや切らない)、さっと焼いたものをつけだれに入れるだけ。

夏らしい勢いのあるごはんの出来上がりです♪

<ポイント>
*ズッキーニや甘唐辛子を入れてもおいしい!

<ボンカレーならではの特徴>
そもそも相性のいいカレーとめんつゆですが、「ボンカレー」は野菜の旨みもたっぷり!そこへトマトジュースを隠し味に使うことで、さわやかさもあるつけ汁になります。

このカレーにピッタリのドリンク!!
<ミントティー>
材 料 :シンビーノ ジャワティストレート ホワイト…1本、ミント、レモン…お好みで、氷…適量
作り方 :グラスに氷とミントとレモンを入れて、ジャワティーを注ぐ。    

材料(2人分)

ボンカレー ゴールド(中辛or辛口) 1袋
ゆでたそうめん 5束分
なす 1本
ピーマン 1個
パプリカ(赤) 1/2個
おくら 6本
プチトマト 4個
トマトジュース(有塩) 100cc
めんつゆ(希釈したもの) 200cc
オリーブオイル 少々

作り方

  1. 1なす、ピーマン、パプリカは食べやすい大きさに切る。おくらはヘタを切り落とす。
  2. 2フライパンにごく少量の油(分量外)を熱し、1とヘタをとったプチトマトを炒める。
  3. 3焼き色がついたらボンカレーゴールド、トマトジュース、希釈しためんつゆを入れ、よく混ぜ合わせ1~2分煮込む。
  4. 43のつけだれにそうめんをつけていただく。

中田ぷう編集・ライター

大学卒業後、大手出版社に勤務。2004年に独立。モデルの中林美和さん、AYUMIさん、前田ゆかさん、食空間プロデューサー山本侑貴子氏、スタイリスト福田栄華氏の著書をはじめ、多くの料理本や暮らしの本の企画発案・編集・ライティングを手がける。著書に子どものごはん作りの闘いを描いた「闘う!母ごはん」(光文社)がある。インスタグラムでは日々の食事とおいしいものをアップしている。
インスタグラムアカウント
@pu_nakata

カテゴリー

ページトップへ戻る