ものぐさ母さん 中田ぷうの今日のぼんごはん

2018.06.06

包むのが面倒な人にぴったり! フライパンジャンボカレー餃子

包むのが面倒な人にぴったり! フライパンジャンボカレー餃子

餃子にシュウマイ、大好きです!でも餡(あん)を作るのもひと苦労なのに、いちいち皮で包むのは面倒くさい……ものぐさ母ちゃんとしてはそこがネックなんですね。
そこで考えたのが、包まずできる「フライパンジャンボ餃子」。餃子の皮で餡(あん)を挟んで焼き上げるだけだから、あっという間にできちゃうんです。

しかも「ボンカレー」を使えば餡(あん)を作る際、調味いらずなだけでなく、卵や片栗粉もいりません。ボンカレーのとろみがしっかり餡(あん)同士をまとめてくれるからなんです。しかも、これ本気でうまい!

暑い日にみんなでわいわいつつきながら、ビールなんてサイコーです!



<ぼんごはんポイント>
*そのまま食べてもおいしいボンカレーで餃子の餡(あん)を作るので、塩・こしょうもいりません! つけダレもなしてOK。
*かなりの大きさがあるので、テフロンのフライパンがおすすめです。

<ぼんごはんアレンジ>
*薬味好きなのでにらとしょうがを大量に入れていますが、苦手な人は半量にしてもかまいません。またにんにくを入れてもおいしいと思います。
*オーブン使いが得意な人であれば、餃子の皮を使わず、オイスターソースを足して型に入れて焼けば、“変わりミートローフ”にもなります。

材料(3~4人分)

ボンカレーゴールド(甘口または中辛) 1袋
ひき肉(豚挽き肉または牛豚合びき) 300g
にら 1束
しょうがのすりおろし 大さじ2
餃子の皮 1袋(20枚)
ごま油 適量
100cc

作り方

  1. 1にらはみじん切りにする。
  2. 2「ボンカレー」を箱ごと電子レンジでチンする。
  3. 3ボウルに1、2、しょうがを入れてよく混ぜ合わせる。
  4. 4フライパンにごま油をひき、餃子の皮を12枚しく。
  5. 5その上に3をまんべんなくしき、残りの餃子の皮をのせる。
  6. 6強火にかけ、パチパチ言い出したら水を入れてふたをする。
  7. 7約5分経ち水気が飛んだら、ひっくり返し約3分焼く。

中田ぷう編集・ライター

大学卒業後、大手出版社に勤務。2004年に独立。モデルの中林美和さん、AYUMIさん、前田ゆかさん、食空間プロデューサー山本侑貴子氏、スタイリスト福田栄華氏の著書をはじめ、多くの料理本や暮らしの本の企画発案・編集・ライティングを手がける。著書に子どものごはん作りの闘いを描いた「闘う!母ごはん」(光文社)がある。インスタグラムでは日々の食事とおいしいものをアップしている。
インスタグラムアカウント
@pu_nakata

カテゴリー

ページトップへ戻る