single-recipe

ものぐさ母さん 中田ぷうの今日のぼんごはん

2017.04.27

忙しい日の1人ランチにぴったり アボ納豆カレー

忙しい日の1人ランチにぴったり アボ納豆カレー

原稿に追われバタバタな日、家ランチを「ボンカレーゴールド」で済まそうとしたものの、そのままレンジでチンして食べるんじゃなんだかさびしい……。とはいえ冷蔵庫を開けてもあるのは納豆と死にかけのアボカド……。

でも、食いしん坊はこういうときだけ頭が働くんですね~。カレーのトッピングで納豆が定番人気なこと、友人が「アボカドと納豆のコラボっておいしいんだよ」と教えてくれたこと。この2つを同時に思い出し、“アボカド納豆”をトッピング。怪しい組み合わせに見えますが、納豆とアボカドがカレーをまろやかにしてくれておいしいんですよ~! 

ボンカレーのゴールドのマイルドさとアボカドの味のなじみがいいんです。だから子どもも“生のアボカド”と気付かず、食べてしまいますよ。しかも、発酵食品もとれちゃいますから一石二鳥です。

<ぼんごはんポイント>
*アボカドは皮がついたままの状態で、スプーンでひと口大にほじくり出すのが簡単。
*レモンはアボカドの色止めと香り、さわやかさをプラスするために使用。なければないでおいしい。

材料

ボンカレーゴールド(辛口・中辛どちらでも) 1袋
ごはん 1膳分
アボカド、レモン 各1/2個
納豆 1パック

作り方

  1. 1ボウルか小皿に納豆(付属のたれとからしも一緒に)を開け、そこへアボカドも入れてよく混ぜる。レモンを絞る。
  2. 2ごはんとカレーを盛り付けた器に1を添える。

中田ぷう編集者・ライター

大学卒業後、大手出版社に勤務。2004年に独立。モデルの中林美和さん、AYUMIさん、前田ゆかさん、食空間プロデューサー山本侑貴子氏、スタイリスト福田栄華氏の著書をはじめ、多くの料理本や暮らしの本の企画発案・編集・ライティングを手がける。著書に子どものごはん作りの闘いを描いた「闘う!母ごはん」(光文社)がある。インスタグラムでは日々の食事とおいしいものをアップしている。
インスタグラムアカウント
@pu_nakata

カテゴリー

ページトップへ戻る