日本人と野菜ラボ

調査結果

今回の調査では、子どもへの接し方や親への依存度と野菜の好き嫌いに関係があるのか、傾向を見てみました。ボンカレーに使われている代表的な野菜の中でも、「じゃがいも」「ブロッコリー」については特徴的な傾向が表れました。

じゃがいも嫌いは、親子独立タイプ!?

「困難なことが起きた際、親に頼ってしまうタイプですか、もしくは頼ってしまうタイプでしたか。」
じゃがいも嫌い:「自分で解決しようとする」と回答した人が約78%

 

【野菜好き】困った時に親に頼る

 

【野菜嫌い】困った時に親に頼る

 

 

「お子様が想定外の行動をしたときについ口を出してしまうことが多いですか。」

じゃがいも嫌い:子どもが想定外の行動をしたとき、「本人に任せる」と回答した人は約57%

 

【野菜好き】子どもに口を出すか

 

【野菜嫌い】子どもに口を出すか

じゃがいも好きは、親と仲良し!

 「親を尊敬していますか、もしくは尊敬していましたか。」

じゃがいも好き:「親を尊敬している」と回答した人は約72%

 

【野菜好き】親への尊敬

 

【野菜嫌い】親への尊敬

 

 

「親と一緒に食事をしたいですか。」

じゃがいも好き:「親と一緒に食事をしたい」と回答した人は約79%

 

【野菜好き】親との食事

 

【野菜嫌い】親との食事

 

 

「親子関係は良好ですか、もしくは良好でしたか。」

じゃがいも好き:「両親との関係が良好」と回答した人は約82%

 

【野菜好き】親との関係

 

【野菜嫌い】親との関係

ブロッコリー好きは、親子関係が密接!?

「お子様が想定外の行動をしたときについ口を出してしまうことが多いですか。」
ブロッコリー好き:子どもが想定外の行動をしたとき、「つい口を出してしまう」と回答した人は約87%

 

【野菜好き】子どもに口を出すか ブロッコリー

 

【野菜嫌い】子どもに口を出すか ブロッコリー

 

 

「親と一緒に食事をしたいですか。」

ブロッコリー好き:「親と一緒に食事をしたい」と回答した人は約68%

 

【野菜好き】親との食事 ブロッコリー

 

【野菜嫌い】親との食事 ブロッコリー

調査概要

調査名:ボンカレー「日本人と野菜ラボ」調査

調査方法:インターネットリサーチ

調査対象者:20歳以上 未婚男女

調査サンプル数:1,000名

調査期間: 2017年11月7日(火)~2017年11月10日(金)

池田清彦教授のコメント

写真

今回は、野菜の好き嫌いと親子関係について調査をしました。全般的に、野菜好きな人は子どもに対して、親に対してのそれぞれのコミュニケーションが円滑で、仲良しな関係が見て取れました。幼いころから、苦手な野菜があったとしても、克服できるように教育を受けていたり、苦手なことに対して相談しあえる関係が、その後の親子関係に影響していると考えられます。

この結果から、野菜を好きになるような家庭環境が親子関係にも重要になってくると思われます。ぜひ調査結果をご覧ください。

監修:早稲田大学 国際教養学部 教授 理学博士

テーマ一覧へ戻る

ページトップへ戻る