single-report

いつもの備えで、いつもの食事で、あせらない!!  流通備蓄という考え方

いつもの備えで、いつもの食事で、あせらない!!  流通備蓄という考え方

list

自身の防災・災害対策を見直す方に向けて、賞味期限1年と比較的保存が効く食品として、ボンカレーもみなさまの災害対策に何かできることがないかと考えていたところ、「食べながら備える『流通備蓄』」という考え方を提唱している、危機管理アドバイザーの国崎信江(くにさきのぶえ)さんと出会い、お話を伺うことができました。

一般の食品としては保存が効くとはいえ、非常食専用に開発されたものは3年や5年保存が効くようなものもありますから、そういったものほど賞味期限が長いわけではない・・・そんなボンカレーですが、『流通備蓄』には向いている食品だそうです。

国崎さん
阪神淡路大震災以降の、わが国での大規模地震の被災地では、いつも食事に対する課題がありました。保存期間の長い乾パンやビスケットなどの非常食は短期的にはよいのですが、普段食べなれないものなのでストレスがたまったり、栄養が偏りがちだったりと、長期の避難生活には不向きです。栄養不足、栄養の偏りによって体調を崩すことなく、災害時こそ栄養バランスを意識した食事で健康的に過ごさなくてはなりません。
そこで、普段食べているものをストックしておいて災害時にも備えよう、という考え方が『流通備蓄』です。日常の食材を少し多めに購入して、食べたら買い足して常に一定上のストックを持たせる備蓄方法です。これなら、自宅にある食材でライフラインが途絶えた災害時でもいつも通りの食事ができるんですよ。

いつも通りの食事ですか!?意外です。

国崎さん:ただでさえストレスフルな災害時ですから、普段から食べ慣れている食事をとることで、心が癒されるのです。食べる前から味をイメージして食欲がそそられる「ボンカレー」は、日本の家庭になじんだ味ですし、すぐに食べられる手軽さが魅力です。

「非常食」は、日常に食べる食材ではないので、収納場所を新たに確保しなければならない点や賞味期限の確認が面倒という声をよく耳にします。 けれど、『流通備蓄』なら日常の食材のストックなので、わざわざ新たなスペースを確保する必要もありません。

そうなんですね!では、『流通備蓄』の考え方を取り入れて、災害時に備えてどんなものをどのくらい用意すればいいのでしょうか。

国崎さん:栄養バランスを考えながら日ごろ使う食材を備蓄しておくのがよいです。都内の比較的狭い住宅で暮らす、お子さん一人+夫婦の場合の例をあげてみました。(右図:リスト参照)。災害時の食材は10日分あれば大丈夫です。まずは、今日の冷蔵庫の中身で何日分まかなえるのか、そして米、乾麺、レトルトなど常温食材で何日分まかなえるのかを調べてみましょう。

「ボンカレー」をはじめ、普段ストックしているものがけっこうあります。実は、私たちも気づかないうちに『流通備蓄』をしていたんですね。

国崎さん:そうなんです。冷蔵庫にあるものを食べ尽くすと約3日。常温食材は約7日分というように、災害を意識しなくても常に10日分くらいは食料が家にあると気づく人も多いです。「災害時=非常食」という固定概念をなくせば、実は備蓄というのはそんなに難しくないですし、「流通備蓄をしましょう」ではなく、「流通備蓄をしていることに気づきましょう」というのが正しいかもしれませんね。

なるほど。

国崎さん:実は『流通備蓄』の考え方で最も大事なのは、災害時に、家にある食品を「食べる順番」です。
大抵の人は非常食を先に開けたり、スーパー・コンビニの買い占めに走ったりしがちですが、買い足しも非常食も最後の最後。冷蔵庫のもの→常温食品→非常食の順番で食べるのがいいんです。非常食を開けているうちに、冷蔵庫のものが腐ってしまうからです。常温保存のものを食べ尽くしたあとに、非常食を開けるのがよいでしょう。
ライフラインが途絶えたときには、調理が必要な商品は食べるのが難しいのではと思われがちですが、カセットコンロやガスボンベを揃えれば自宅にあるフライパンや鍋で調理できます。自宅で鍋をする人ならお馴染みですが、そうでない人もカセットコンロは用意しておくと安心です。

普段のストックがそのまま災害時の備蓄にもなる…、目から鱗の考え方でした。普段の食品であればこまめにストックを見直すので、日ごろから防災を意識することにもつながりそうです。国崎さん、ありがとうございました!

国崎信江(くにざきのぶえ)危機管理アドバイザー

横浜市生まれ。危機管理アドバイザー。危機管理教育研究所代表。
女性として、生活者の視点で防災・防犯・事故防止対策を提唱している。地震調査研究推進本部政策委員会、防災科学技術委員会などの国や自治体の防災関連の委員を務める。現在は講演活動を中心にテレビや新聞などのメディアに情報提供を行っているほか、被災地での支援活動を発生直後から継続的して行っている。
おもな著書に『決定版!巨大地震から子どもを守る50の方法』(ブロンズ新社)『サバイバルブック―大地震発生その時どうする? 』(日本経済新聞出版社)『マンション・地震に備えた暮らし方』(つなぐネットコミュニケーションズ)などがある。
レシピ一覧へ戻る

ページトップへ戻る