single-recipe

一食これだけ

2015.08.31

所要時間
10分

インスタントラーメンで即席カレー焼きそば

インスタントラーメンで即席カレー焼きそば

先日インタビューさせていただいて学んだ、国崎信江さんの「流通備蓄」の考え方。普段使いの食材のストックが備蓄になる、というこの考え方をもとに、料理家の木内さんと一緒に、防災の日にぴったりのレシピを考えました。普段ストックしている食材の在庫を見直しながら、いざというときの調理の予行演習にもなる一品です。

 
 

9月1日の防災の日を前に、ストックしてある食材の整理もかねて食材庫をながめ、防災レシピを考えてみました。
一番に目についたのが、どこの家でも必ず常備してあるのでは?と思われるインスタントラーメン。これを災害時には大切な水を極力少なめに使用し、麺をボンカレーととともに蒸しふやかすことで2人前を4人前のカレー焼きそばに変身させました!


冷蔵庫に残っている野菜や缶詰、レトルトの動物性たんぱく質も一緒に加えれば、栄養価もアップし、さらにおいしく仕上がります。
カセットコンロとお鍋ひとつでできるので、洗い物も極力少なく、時短な点もポイントです。

材料(4人分)

ボンカレーゴールド(中辛使用)    1袋
インスタント中華麺(乾麺)   160g(80g×2個)
450ml
粉末スープまたは鶏ガラスープの素 小さじ1強
キャベツ(一口大にちぎる) 適量
ソーセージ缶 1缶

作り方

  1. 1鍋に水と粉末スープを加え、沸騰したらインスタント中華麺を加える。麺をほぐしながら2分加熱しボンカレー、キャベツ、ソーセージを加えのせ、蓋をしてさらに1分加熱する。
  2. 2火を止め、蓋をしたまま2分蒸らし、全体に混ぜ合わせる。 ※ここでサラダ油少量(分量外)を絡めると麺がほぐれ、少々時間が経ってもおいしくいただける。好みで青のりをちらす。

ともながあきよフードスタイリスト&フードコーディネーター

雑貨店やインテリアショップにて、店舗ディスプレイやイベント企画&運営の経験を経て料理の道へ。現在Webや書籍・カタログなどのスタイリングやレシピ開発、カフェなどのメニュープランニング等幅広く活躍中。大阪にて、おかずとお菓子の教室を主宰。

カテゴリー

ページトップへ戻る