single-recipe

一食これだけ

2016.06.27

所要時間
20分

暑―い夏にぴったりのエスニック風カレーつけダレ2種-かぼちゃのカレーつけだれ

暑―い夏にぴったりのエスニック風カレーつけダレ2種-かぼちゃのカレーつけだれ

ボンカレーから、今年も「冷やして食べられる」夏の季節限定カレーを発売しました。その名も「野菜とけこむべジカレー」。野菜のディップソースとして食べていただくのがオススメですが、夏の定番、そうめんにつけてもおいしく召しあがっていただけます。

そこで甘めの夏カレーをアレンジして、エスニック風の甘さと辛さを楽しむつけダレをご提案します。

ひとつ目は「きゅうりと紫玉ねぎの刻みダレ」(写真手前)。ココナッツミルクの優しい味わいのカレーに、レモンとナンプラーが効いたエスニック風つけダレになっています。ざく切りのきゅうりと紫玉ねぎが触感のアクセントに。お好みで香菜を刻んでも◎

ふたつ目は、かぼちゃの甘みがおいしい「かぼちゃのカレーつけダレ(写真奥)」。ココナツミルクの甘みとトマトの酸味が効いた「夏カレー」に、角切りにしたかぼちゃがぴったりあいます。柔らかく煮込んで崩しながら食べるのもおススメです。香菜をトッピングすればよりエスニック気分が盛り上がります。

「野菜とけこむべジカレー」の情報はこちらから(http://boncurry.jp/hinata/)

材料(1人分)

そうめん       2束
かぼちゃのカレーつけタレ(写真奥)
ボンカレー(夏カレー)  1袋
かぼちゃ 50g
鶏がらスープ 50ml
ナンプラー  小さじ1
香菜  適量
サラダ油    小さじ1

作り方

  1. 1かぼちゃは1cmの角切りにし、耐熱皿に並べラップをかけて電子レンジ(500W)で1分加熱する
  2. 2鍋にサラダ油を熱し、1)のかぼちゃを入れて炒める。鶏がらスープ、ボンカレーを加え、かぼちゃがやわらかくなるまで煮る。
  3. 3器に入れ、刻んだ香菜をのせる。

ともながあきよフードスタイリスト&フードコーディネーター

雑貨店やインテリアショップにて、店舗ディスプレイやイベント企画&運営の経験を経て料理の道へ。現在Webや書籍・カタログなどのスタイリングやレシピ開発、カフェなどのメニュープランニング等幅広く活躍中。大阪にて、おかずとお菓子の教室を主宰。

カテゴリー

ページトップへ戻る