レトルトカレーが贅沢な救世主に「ボンカレーオムライス」

所要時間
10分

レトルトカレーが贅沢な救世主に「ボンカレーオムライス」

疲れて帰ってきて、あー、おなかすいた! でもちゃんと料理するのはしんどい…… というとき、ボンカレーは救世主です。そのままでもおいしいけれど、ひと手間かけるだけでちょっとぜいたくな一皿になります。

たとえば、白いごはんじゃなくて「炒めごはん」にしてみる。栗原家では、ピーマンが定番の具でした。彩りがきれいだし、軽い苦味がアクセントになります。味にパンチをきかせたければ、ニンニクを加えるのもオススメ。

そして、卵大好きのわが家では、カレーにオムレツを乗っけてオムライスにするのが人気でした。こだわりは「ゆるふわの半熟」。ジューシーなトマトとトロリとした卵、そこに、カレールーが合わさったところが最高においしい! お好みのトッピングを楽しむのもいいですね。私が好きなのは、とろけるチーズやボイルしたホウレンソウ。ごちそう感が出るだけでなく、栄養価もグンとアップします。

材料(2人分)

ボンカレーゴールド(中辛)  1食
ごはん 1.5膳
ピーマン 1個
タマネギ(小)  6分の1個
塩・コショウ 各少々
サラダ油 大さじ1
刻んだホールトマト、もしくはダイスカットのトマト 大さじ2
<A>
卵  2個
生クリーム 大さじ2
サラダ油 大さじ2

作り方

  1. 1ボンカレーをあたためる。
  2. 2タマネギ、種を取ったピーマンをみじん切りに。
  3. 3フライパンにサラダ油を引き、温まったらタマネギを入れ、中火~強火で炒める。透明になってきたらピーマン、ごはんを入れ、塩・コショウで軽く味付ける。出来上がったら皿に盛りつけておく。
  4. 4<A>でオムレツを作る。卵は白身を切るようにしっかりと溶き、生クリームを加える。生クリームを入れることでふんわりなめらかになる。なければ牛乳でも。
  5. 5フライパンにサラダ油を引き、温まったら(4)を入れる。周りが少し固まってきたら、ヘラなどで卵を2、3回大きく混ぜ、半熟の状態で火を止める。
  6. 6(3)にトマトの果肉をトッピングし、(5)のオムレツをフライパンを返すようにふんわりと乗せ、(1)のボンカレーを回しかける。
レシピ一覧へ戻る
Page Top