single-recipe

じっくりレシピ

2015.04.19

所要時間
20分

えびとアボカドのボンカレーパングラタン

えびとアボカドのボンカレーパングラタン

2015年4月19日(日)に大阪で行われたチャリティーイベント「OSAKAID立ちあカ〜レ〜FINAL 2015」にボンカレーが初出展。「ビストロ ボンカレー」として、神戸の人気ベーカリー サ・マーシュ×フレンチデリ デリカテッセン ベルターブル×Theボンカレーのコラボレーションで生まれたオリジナルメニューを提供しました。

ベルターブルの中谷シェフが教えてくれた、特別にご自宅でも再現できるレシピを公開!こちらは、パン・エビ・アボカド・ホワイトソースに温泉卵をのせて、『Theボンカレー』をかけたボンカレーパングラタン。当日は、サ・マーシュの西川シェフこだわりの米粉パンを使用してご提供しましたが、食パンなどご自宅で手に入るパンでも再現可能です。

ホワイトソースとTheボンカレー、温泉卵が混ぜ合わさったトロトロ感と、香ばしく焼き上がったチーズとカリっとしたパンなど様々な食感が楽しめます。みんな大好きな、えびとアボカドの組み合わせも見逃せないポイントです。

コラボレーションしたのは、神戸で人気のベーカリー「サ・マーシュ(Ca arche)」の西川シェフや素材にこだわるフレンチデリ「デリカテッセン ベルターブル(Belle Table)」の中谷シェフです。

材料(一皿分)

Theボンカレー 1袋
温泉卵 2個
とろけるチーズ 適量
パン 60g
アボカド  1/2個
海老(ボイルしたもの) 適量
ホワイトソース(市販の物で良い) 適量

作り方

  1. 1パンは1.5cm角に切って、オーブンでカリカリに焼いておく。
  2. 2耐熱の器に下から海老、アボカド、ホワイトソースの順でお皿にいれ、真中に温泉卵をおとす。周りに(1)のパンをいれる。
  3. 3その上から温めたTheボンカレーをかけて、チーズをトッピングする。
  4. 4オーブントースターでチーズが溶けるまで焼く。あまり長い時間焼くと、卵が固まるので注意。 ※全体をよく混ぜてお召し上がり下さい。

西川功晃 シェフ


西川功晃 シェフ
洋菓子作りを志しながら広島「アンデルセン」で4年間、パン職人として修業。その後、東京の洋菓子店に入るが、パンの魅力を捨てられず東京と芦屋の「ビゴの店」で再びパンの道に戻る。この頃、神戸でフレンチを軸に新しい料理展開をする「コム・シノワ」のオーナー荘司索シェフと出会い、料理、パン、菓子など食のすべてをトータルで提供する夢を共有する。その後「ブランジェリーコム・シノワ」を、続いて「ブランジェリーコム・シノワアンドオネストカフェ」「サ・マーシュ」をオープン。次々と斬新なパンを発表して注目されている。

サ・マーシュ(Ca Marche)
神戸市中央区山本通3-1-3
Tel 078-763-1111
営業時間 8:00~19:00 / 定休日 火曜・水曜日

中谷和史シェフ

北野の人気フレンチ「レストラン・マツシマ」やホテルなどで修業した中谷和史シェフが2010年に「デリカテッセン ベルターブル(Belle Table)」をオープン。野菜は有機野菜を農家から直接仕入れ、オリジナリティのある料理を季節に合わせてお届けしています。

デリカテッセン ベルターブル(Belle Table)
神戸市中央区三宮町1丁目5-11
Tel 078-331-5550
営業時間 11:00〜20:00 / 定休日 水曜日

カテゴリー

ページトップへ戻る