働く女子の時短レシピ

2016.07.19

作り置きしておけば野菜不足を解消できる「野菜玉」

「シーザーサラダ」へのアレンジも簡単

日々、野菜をしっかり摂っていれば、風邪が流行っても病気に負けない体になるでしょう。そんな健康な体作りのために、野菜不足にならないようフードコーディネーターの星奈々子さんに「野菜玉」の作り方を聞いてきました。

 

野菜玉は、名前の通り野菜を茹でてくるっと丸め、そのまま冷蔵、冷凍する保存方法です。一度にたくさん野菜を茹でて、たくさん保存しておけば、毎日手軽に野菜が摂れるでしょう。

 

レシピ「野菜玉」

 

野菜玉

 

【材料:4個分】

キャベツ:1/2個(600g)

パプリカ(赤):1個

パプリカ(黄):1個

 

【作り方】

(1)キャベツを2~3cmのざく切りに、パプリカは種を取り除き2cmの角切りにします。

(2)鍋にたっぷりの湯を沸かし、(1)を入れて再び沸騰したら2分ほど茹でます。ざるに上げて水気を切り、粗熱がとれたら4等分にしてラップに包んでください。冷蔵庫、または冷凍庫で保存します。

※冷蔵の場合は調理前に600Wの電子レンジで1分/個、冷凍の場合は600Wの電子レンジで3分加熱してから使用してください。

 

レシピ「シーザーサラダ」

 

【材料】

野菜玉:1個分

マヨネーズ:大さじ1

牛乳:大さじ1/2

粉チーズ:大さじ1

温泉卵(あれば):1個

 

【作り方】

野菜玉を皿に盛り、混ぜ合わせたマヨネーズと牛乳、粉チーズをかけ、あれば温泉卵をのせます。

 

プロフィール

星野奈々子

フードコーディネーター

慶應義塾大学卒業。日本IBMにてITエンジニアとして働きながら本格的に料理の勉強を始め、退社後にル・コルドン・ブルー代官山校フランス料理 ディプロマを取得、祐成陽子クッキングアートセミナーを卒業し、独立。フレンチから和食、エスニックと幅広いジャンルを得意とする。「スキレットの本」 「記念日のごちそうレシピ」「スープ・ポタージュ・チャウダーの本」(以上枻出版社刊)、「下味冷凍で作りおき」「12月31日でも間に合う簡単おせち」(ともに学研プラス)「かんたんWECKFOOD」(パルコ出版)など著書多数。

公式サイト:http://hoshinonanako.com

instagram:@hoshinonanako