こんなところにボンカレー

2017.06.01

お母さんのリアルな日常とおいしい手抜きを教えてくれる「ものぐさ母さん 中田ぷうの今日のぼんごはん」が好評です!

2017年3月から始まった「ものぐさ母さん 中田ぷうの今日のぼんごはん」。具材の野菜はぜ~んぶ国産野菜!家族にも安心して食べさせられる「ボンカレー*」を使い、働くお母さん編集者・中田ぷうさんが、愛情だだもれ“ぼんごはん”を毎月考案。びっくりするほど簡単なのに、野菜たっぷり&満腹度の高いレシピを紹介します! *沖縄限定ボンカレー(松山容子のボンカレー)を除く

「ぼんごはん」は手をかけた風を演出できちゃいます♪    

中田ぷうさんが紹介する「ぼんごはん」は、「ボンカレーゴールド」とごはんにプラスαの食材で作るアレンジレシピ。冷蔵庫にある食材や、季節感のある野菜をプラスすることで、彩りを添えつつおいしさをさらにアップします。

余裕がない日でもサッと作って出すことができ、かつ“手をかけた風”のメニューに変身させられるアイデアがたっぷり。お子さんに好評なメニューはもちろんのこと、旦那さんの晩ごはんやお母さんのひとりのお昼ごはんなど、想定シチュエーションもいろいろです。

ボンカレーは辛さの違いだけではなく、それぞれ商品ごとにオリジナルレシピで作られています。商品ごとに味の違いがあるので、レシピに合うものを選んでいます。レシピにはどのボンカレーを使用しているかも載っていますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

中田ぷうさんって?

nakataアレンジレシピを紹介するのは、忙しい日々を乗り越えるための母のリアルな料理本「闘う!母ごはん」を手掛けた編集兼ライターの中田ぷうさん。

SNS栄えする手間をかけたおしゃれなごはんではなく、家事や仕事に追われるお母さんが日常の中で作れる、とことん簡単で頑張らなくてもいいメニューがたくさん。おいしく楽しく手抜きするヒントが詰まっています。

 

 

レンジOK!ボンカレーは具材に国産野菜使用、保存料不使用で安心・安全

 

ボンカレー* は、フタを開けたら箱ごとレンジで調理可能。お湯で温めるという面倒な手間を省くことができる点も、忙しいお母さんの味方です。長期保存のできるレトルト食品なので、買い置きしておけるところも便利なポイント。

*沖縄限定ボンカレー(松山容子のボンカレー)を除く

また、おいしいカレーに欠かせないじゃがいも・にんじん・たまねぎは、国産のみを使用。さらに、密封されたパウチをまるごと殺菌するため、保存料は不使用となっており、食の安全・安心にこだわるお母さんにもおすすめできる商品です。

 gold5

ボンカレーを使った簡単アレンジレシピは、こちらで随時更新中。中田ぷうさんのアイデアが光るレシピをぜひチェックしてみてください。

 

ものぐさ母さん 中田ぷうの今日のぼんごはん

http://boncurry.jp/recipetype/bongohan/